オーディオ機器のよくあるトラブル(スピーカー編)

音楽を楽しむためには、オーディオ機器の存在が欠かせません。しかし、長く使用していると様々なトラブルが発生します。
今回は古くなったスピーカーによく出る症状を紹介します。

音が出ない

音が出ないトラブルで、スピーカーが原因となっている場合は少ないとは思います。
コード類の接続ミスやアンプ側の設定ミスや故障が多数ではないでしょうか。

スピーカー側が原因で音の出ない症状として考えられるのは、過大な入力を入れてしまい、スピーカーユニットが破損した場合、もしくは経年劣化による信号線の断線などがあります。

手違いでアンプのボリュームを大きくしたまま、音を出した場合や、アンプの故障により大きな出力・ノイズが出てスピーカーが破損することがあります。
過大入力によりスピーカー内部の部品が破損した時は修理ができない可能性があります。

古くなると経年劣化のため、スピーカーユニット内部の信号線が切れることがあります。
この場合、修理はできますが、費用は高くなります。

ウーファーのエッジがボロボロになる

古い国産スピーカーやJBL・TANNOYなどのスピーカーでは、コーン紙とフレームを固定するエッジにウレタンを採用しているモデルがあります。

ウレタンエッジを使用しているスピーカーは、経年による加水分解によりエッジが破損してしまいます。
環境次第ではかなり長持ちする場合もあるようですが、一般的な環境だと10年ほどでダメになります。
そのため、定期的に交換が必要となります。

レベルコントロールに接触不良やノイズが出る

スピーカーによっては、中域や高域の調整用としてレベルコントロール(アッテネーター)がついている物があります。
回したときにアンプ編で紹介したようなガリノイズや接触不良が出る場合があります。

この場合も、接点が経年変化により酸化しているために、ノイズが出たり、接触が悪くなり音が出なくなります。
症状が軽ければ数回回すと、回復する可能性がありますが、重症の場合は接点の洗浄や部品交換が必要になります。

香川にある当店では、スピーカーをはじめ様々なオーディオ機器の出張買取を行っています。これまで大切に使ってきたオーディオ機器をできるだけ高く買取してほしいという方は、ぜひ当店をご利用ください。

査定価格相場をしっかりと把握してご提案いたします。香川県内が対象エリアですが、条件が合えば県外での出張買取も承ります。